カタログダウンロード 見積依頼 お問い合わせ ページトップへ

<普段のお掃除>

入浴後、室内が自然乾燥してしまう前のまだ濡れているうちに浴室内の汚れをタオルや柔らかいスポンジ等で洗い流してください。

汚れを落とした後、タオル等で浴槽、洗い場の水をきれいに拭き取り、浴室内の換気を行って下さい。 室内の水気をふき取ることでカビ防止にもなり、長く使用していただけます。

洗剤の使用は推奨しておりませんが、ご使用になられる場合は家庭用の中性洗剤を使用し、十分に成分を洗い流してください。

木風呂の水漏れ対策(長期留守の際にバケツに水を入れておいておく、少量の水を張っておく等の乾燥対策)は必要ありません。

<メンテナンス>

TYPE2の液体ガラスコーティングを施した浴槽の場合には、定期的にコーティング剤を浴槽全体にワックスのように塗布後、クロスで軽くふき取ってください。

OPTIONの抗菌加工の効果は永久ではありません。定期的に抗菌コーティング剤を浴槽全体にワックスのように塗布後、クロスで軽くふき取ってください。

<禁止事項>

表面の防水コーティングの劣化の原因となりますので、アルカリ性洗剤や、カビ用洗剤、ブラシやタワシ、電動ブラシ等の硬い素材のものはご使用にならないでください。
メラミンスポンジで強くこすりますと、防水コーティングを削り取ってしまいますのでご注意ください。

<浴室を綺麗に保つために>

きれいな間に掃除をすることが、いつまでも浴室を美しく保つコツです。汚れ、カビは早く対処するほど落ちやすく、汚れ、カビを放置しますと取れなくなりますので、出始めたときにすぐに落としてください。

カビ対策には、あらかじめ浴室用の防カビ燻煙剤を定期的にご使用になられることをお勧めします。

お住まいの地域の水質や給湯設備により、浴槽に水の成分が白く付着する場合があります。皮脂汚れや水分が表面に残ったまま室内を乾燥させると、汚れや水の成分(カルシウムやマグネシウム等の成分)が浴槽に固着して次第に取れなくなります。同じ室内でも日あたりが良く乾きやすい場所は固着しやすいです。特に汚れと水分を拭き取ってから換気を行うのが長くきれいさを保つポイントです。

年月の経過による浴槽のお取り替えや、その他の木部分の補修等につきましては、必要な部材を製作しますので地元工務店様へ取替工事をご発注ください。(弊社が工事を行うと交通費、宿泊費が必要となり費用が高額となる為。)
水道、電気など設備機器関係につきましては、地元の設備店様へお尋ねください。