よくある質問

Q1.防水加工檜風呂を見学できる場所はありますか?

防水加工檜風呂をご使用いただいている施主様のご迷惑になりますので、ご紹介等は致しておりません。飛騨高山の弊社工場でしたら、工場内製作の様子から完成品までご覧いただけます。その場合は事前にご予約いただきますようお願いいたします。

Q2.使用材はどこの木材ですか?

主に飛騨産の檜材を使用しています。

Q3.浴槽の設置はしていただけますか?

基本的に浴槽のみのご発注は発送のみとなります。弊社(飛騨高山)より設置に伺うと、設置場所への交通費、人件費、宿泊費等が必要となり割高となってしまうため、設置は地元の業者の方にお願いしてください。特大浴槽であったり、1度に多くの浴槽をご注文の場合は弊社から設置に伺う場合もあります。檜ユニットバス、大浴室の場合は弊社で取付を行います。

Q4.防水加工の身体への安全性は?

防水加工に使用している樹脂は、日本の大手樹脂メーカー製の樹脂を使用しています。樹脂メーカーより、一般的な樹脂製のユニットバスに使われる樹脂よりも純度が高く安全性の高い樹脂、との説明を受けています。

Q5.防水加工檜浴槽に打ち傷をつけてしまいました。どうしたらよいですか?

打ち傷は放置するとそこから黒く変色します。打ち傷がついてすぐに補修を行っていただくことで変色を防ぐことができます。補修方法は瞬間接着剤を用いる、ご家庭でも可能な簡単な方法です。補修方法をお知りになりたい方にはお知らせしますのでお問い合わせください。打ち傷を防ぐために、かけ湯はシャワーで行っていただくことをお勧めします。

Q6.介護施設です。浴槽の縁が傷んできました。どうしたらよいですか?

入浴を介助される際に、浴槽に車イスや介助器具などが当たっていませんか?少しの打ち傷でも、長年の使用に伴い何度となく打ちつけられるうちに表面が次第に傷んできます。木は柔らかいものですから、機械等の物が当たらないようにご注意ください。それでも当たってしまう場合は浴槽の上縁に取り付ける木製カバーを製作してはめこみ、傷んできたらカバーを取り替えるという方法もありますのでご相談ください。

 
Q7.今使っている木風呂が水漏れします。どうしたらよいですか?

木風呂は濡れ乾きの連続で板が伸び縮みし、年数経過に伴い水漏れが発生する場合があります。弊社の製品は20年以上製品改良を繰り返して確立した製作方法で水漏れが発生しないよう製作しております。万一弊社檜浴槽で水漏れが発生の場合には、大きさにもよりますが水漏れ保証の対象となります。お取り換えの際には弊社檜風呂をご検討いただけましたら幸いです。