大浴室 営業用/福祉施設

防水加工 檜大浴槽

これまで木製大浴槽リフォームの際に、浴槽床と下地コンクリートの間の空間にヘドロが溜まっている例を見てきました。ヘドロが溜まるのを防ぐために、防水加工檜大浴槽は空間を設けずコンクリート下地に直接檜板を貼る方法で製作します。

大浴槽の作り方の悪い例

浴槽断面図
黄色い空間部分にヘドロがたまる。
赤色部分が檜板。

営業用施設での清掃について

清掃の際にタイルや石の浴室と同様に機械を使用したり、強い洗剤を使用されますと、防水加工が剥がれ、汚れが付きやすく、黒ずみやすい風呂になってしまいます。清掃機械や、強い洗剤、硬いブラシは使用しないで下さい。業者に依頼される場合は、特に清掃方法について気をつけていただきますようお願いいたします。
檜大浴室施工例 大浴槽と洗い場
檜大浴槽と洗い場
檜大浴槽と洗い場
檜大浴槽と洗い場
  
大浴槽
大浴槽(介護用)
大浴槽介護用アップ
コンクリートモルタル地に施工 ヘドロの溜まる隙間がありません。
大浴槽製作中
大浴室全体